パワーストーン,天然石

パワーストーンを身に付ける場所

パワーストーンを身に付ける場所は、人によって様々でしょう。最も多いのはブレスレットにして腕に付けるという方法でしょうが、右手か左手かによっても違いがあります。右手の場合には、処理能力の向上に効果的だと言われており、仕事に対する効果を得たいときにおすすめです。そして左手は、精神面や感情面に働きかけたいときにおすすめです。自分の悩みや願いに合わせて、どちらに付けるか考えてみましょう。 また、ペンダントやネックレスとして身に付ける方も多いでしょうが、ペンダントとネックレスでは、ネックレスの方が体の血液に対して働きかける作用があります。ですから、健康増進などの効果を得たいのであれば、そういったパワーストーンをネックレスとして身に付けると良いでしょう。どちらも精神面に作用すると言われていますので、心を鎮める効果があるパワーストーンを身に付けると良いですね。 そして、感覚面に作用するのがピアスです。耳に付けることにより、集中力向上や判断力を高めるのに効果的です。ですから、スポーツをしている方などは、ピアスとして耳にパワーストーンを身に付けるようにすると、効果を発揮しやすくなるかもしれませんね。 このように、身に付ける場所によって効果も様々ですから、そういったことも含めて身に付ける場所を変えてみましょう。