パワーストーン,天然石

パワーストーンの意味

パワーストーンは、昔から存在していたものであり、親しまれてきました。天然石のことをパワーストーンと言いますが、昔から健康になる、願いが叶うと言われてきたものなのです。それは今も変わりませんよね。水晶などの半貴石のことをパワーストーンと呼ぶことが多いようですが、決まりがあるわけではありません。石を全て含めてパワーストーンと呼ぶこともあります。
宝石というのは古くから貴族の人たちが身に付けていました。見た目が美しいのはもちろんのこと、健康になったり願いが叶うといった言い伝えから身に付けられていたと言われています。
石は波動を放っていると言われており、人の想いと調和が合うことによってその波動が増すと言われています。そういったことから願いが叶うと考えられており、中国では石を使った医学治療があるほどなのです。
それぞれのパワーストーンは異なる意味を持っています。ですから、多くの方は意味を知った上で自分に合ったものを選ぶようですね。世界中には多くのパワースポットが存在していますが、その多くは石などを使って造られていることが多いのです。それだけ、世界中では石という存在が大きいということでしょうね。そういったことから、日本だけでなく、世界中でパワーストーンは親しまれているのです。

水で浄化する

パワーストーンは水で浄化することもできます。今回は、水での浄化方法をご紹介しましょう。
まず、容器を用意して、その中にパワーストーンが隠れるくらいに水を入れます。一晩ほど浸けておくだけで浄化効果を得ることができます。
浄化が終わった後は、水から出したら今度は太陽の光に3分ほど当てましょう。そうすることで、再びパワーストーンに力を注ぐことができるでしょう。
注意点としては、カルキを抜いた水を使うということです。カルキが強いと石が弱ってしまい、痛んでしまいますので注意してください。
また、パワーストーンのブレスレットを浄化したいということもありますよね。そういった時には、浅いお皿の上にブレスレットを置き、流水で浄化しましょう。時間としては、15分ほど行えば充分効果が得られます。但し、この場合の注意点も先ほどと同じく、カルキを抜いた水で行うということです。浄化した後は、太陽の光にしっかりと当てましょう。
浄化はパワーストーンの力が無くなってきたと感じた時に行うようにしてください。できれば、1ヶ月に1度、長くても3ヶ月に1度は浄化した方が効果が得られるかと思います。せっかくのパワーストーンですから、効果を実感できるように、しっかりと浄化しましょう。

日光で浄化する

パワーストーンは日光で浄化することもできます。しっかりと太陽の光を当てて、パワーストーン本来の力を注いであげましょう。
日光による浄化方法ですが、浄化する時間帯は午前中にします。日や季節によって、太陽の光の強さが異なりますので、その日によって浄化する時間も異なります。たとえば、光が強い夏場などに行う場合は30分程度で充分効果が得られますし、反対に冬場などの光が弱いときには、1時間から3時間程度浄化しましょう。自分で何度も浄化するうちに、どの程度行えば良いのかコツを掴んでくるでしょうから、調節してみてくださいね。
長時間浄化すればそれだけ効果が得られるような気がするかもしれませんが、太陽の光を浴び続けることにより、パワーストーンの劣化に繋がってしまうこともあります。本来は日が当たらないところでつくられているものですから、必要以上に太陽の光で浄化しないようにしましょう。
中には光に弱い特性を持つパワーストーンもあります。たとえば、アクアマリンやエメラルド、アメジスト、オパール、パール、ルビー、ローズクォーツ、翡翠といったものがあります。パワーストーンを長持ちさせるためにも、こういったパワーストーンを浄化したいのであれば、別の方法を利用した方が良いかと思います。

土で浄化

パワーストーンは、土で浄化することもできます。土というのはどこにでもあるものですから、手軽に誰でも浄化することができますよね。
土での浄化方法ですが、浄化したいパワーストーンを土の中に埋めて、1週間〜1ヶ月ほどそのまま置いておきます。土に埋めるときには、植物繊維で出来ている布にしっかりとパワーストーンを包むようにしましょう。他の浄化方法に比べて、長期間浄化しておく必要がありますが、そうすることでパワーストーンの力を取り戻すことができます。
パワーストーンを埋める場所ですが、土が湿っているような状態では反対に悪影響を与えてしまいますので、避けるようにしましょう。廃棄物が無いようなところが理想的です。また、日当たりが良くて土の質が良さそうなところが良いですね。庭が無いという場合は、山や神社、お寺などを利用しても良いですが、その際にはきちんと許可を取るようにしましょう。
パワーストーンというのは元々土の中にあるものです。だからこそ、土の中で浄化することにより、石の悪い気を取り去ってくれると言われています。多々ある浄化方法の中でも、浄化力が強い方法になりますので、土が非常に弱っていると感じた場合や強い力を取り戻したいときには土を利用して浄化してみてくださいね。

チャクラ

皆さんは、チャクラという言葉を聞いた事がありますか?きっと一度は聞いた事があると思います。チャクラとは、エネルギーの宝庫とも言うべきもので、体と身体の内にある精神エネルギーを結び付ける門の役割をしていると考えられています。
チャクラという言葉自体はサンスクリット語で、輪や車輪という意味の様です。このチャクラはエネルギーの入り口ですから、チャクラが閉じてしまったり、不調をきたすと、身体的にも精神的にも不調が現われるとされています。
チャクラは全部で、体の頭頂部から股間部にかけて、7つあります。それぞれに司どる身体部位と、その良否による影響が決まっています。一説では、感情さえもコントロールされるとされています。
チャクラのエネルギーが低下した時には、アロマテラピーやハーブティーなど、一般に感情に良い作用をするとされている療法によって、そのエネルギーを回復させることが出来ます。
例えば、第一チャクラは背骨や脚を主に司り、アドレナリンが分泌されます。また、感情的には、家族や集団の安全と保護などに対しての意識が高まります。この機会に、ぜひチャクラのエネルギーを高めてみませんか?きっと充実した毎日を送れることでしょうね。